都市伝説じゃなかった、死体洗いバイトの真実

TOPページ > 死体洗いのバイト > 都市伝説じゃなかった、死体洗いバイトの真実

都市伝説じゃなかった、死体洗いバイトの真実

greece04.gif都市伝説じゃなかった!私が体験した激やば‼死体洗いバイトの真実。

芸人「佐々木孫悟空さんです。よろしくお願いします。」

都市伝説。死体洗いアルバイト。死体を洗うことで高収入を得られるこのバイトの真実を実際に体験した元死体洗いアルバイトが大暴露!

佐々木さん「20年以上前なんですけど、うちの兄貴がいるんですけど兄貴が怪しいバイトのブローカーみたいなのをやっていたんですけど、兄貴に『何かちょっとお金になるバイトないか?』っていう時に『いいのがあるよ。』と『いついつに某医大に誰々さんを訪ねて行ってくれ』と言われました。」

死体洗いのバイトを経験したのは佐々木さんが高校生の頃、高収入バイトがあるというお兄さんからの紹介で某医大に向かったのですが。

佐々木さん「サインさせられるんですね。『ここであった事は他言無用。ここで出会った人その人との会話・連絡先は交換できません。』という内容でした。」

芸人「この仕事場で会ってそれから以降は一切合わない。」

佐々木さん「それで改めて『じゃあ、いついつ空いてますか?』早々にね、亡くなられた死体があるわけじゃないんで、僕が初めて行ったときは『明日空いてますか?』って。」

芸人「え?いきなり明日?」

契約書を交わしいよいよ死体洗いバイト初日。そこでは驚愕の体験が待っていたのです。

佐々木さん「死体って重いんで1人でバイトできないんですよ。2人1組なんですね。マスクしますよね。後ホルマリンって目にくるのでゴーグルするんです。で手袋をします。」

芸人「どういう状態になってるんですか?死体を洗う場所というのは。」

佐々木さん「ローラーがついた動かせるベッドがありまして、そこに2体死体があるんです。よくでっかいプールがあるって言いますよね。でっかいプールはないんですけどお風呂ぐらいのサイズでもうちょっと広い熱湯コマーシャルみたいなガラス張りの透明な感じのところにホルマリンが入っているんですね。そこで上からお医者さんとかそういった関係の人が監視してて見下ろしているんです。」

医大の手術室で監視されながら行われる死体洗いバイト。その作業内容は。

佐々木さん「色んな毛を頭から全部剃らないといけないんです。鼻の穴まではやらないですけど眉毛からアンダーヘアまで。」

芸人「毛を処理するっていう事で、素人の方だったら結構傷つけちゃったりするわけじゃないですか?」

佐々木さん「血が吹くってことはないんですよ。ただ斑点が浮き出てくるんで...ゾンビ映画とかご覧になったことはありますか?」

芸人「ああいう斑点が出てくるんだね。」

剃毛後さらに信じられない作業に突入。

佐々木さん「アカスリってわかります?韓国アカスリみたいな手袋をしてそれでこうこするんです。」

芸人「直でこするの?ブラシじゃないの?」

佐々木さん「ブラシはホルマリンを吸い取るために使って基本的にブラシで洗うことはないですね。歯間ブラシで歯の間も掃除したりするんです。」

芸人「そこまで全部丁寧にね。」

佐々木さん「あと穴に綿を詰めていかないとガスが発生するので。よくあるって言いますよね、あるんですよ。」

芸人「実際にも?ガスの音を聞いたこともあるんですか?」

佐々木さん「あります。ピューっていう音が出ます。」

芸人「耳からお尻の穴とかも全部?」

佐々木さん「はいそうです。男性の時はいいんですけど女性の時はバイブ的なものがあるんですけどそれをあそこに詰めるんです。」

更に死体洗いバイトの気になる給料を暴露!

芸人「終了するまで何時間くらい?」

佐々木さん「1体だいたい3時間くらいですかね。」

芸人「そんなに丁寧に洗うんだ。それで1体いくらなんですか?」

佐々木さん「1体3万円位ですね。2体洗って5~6万ぐらいなんですよ。」

芸人「1体3万円はちょっとキツイねえ。」

 

番組名 暴露ナイト

※佐々木さんの話しより抜粋



トラックバック(0)

トラックバックURL: https://greece101.net/mt-tb.cgi/7

コメントする